Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 「ナースコールセンター寧色」始まりました!
    りこ (04/15)
訪問看護の利用者さん

訪問看護の利用者さん

JUGEMテーマ:看護

 

昨年末、Aさんは50数年の生涯の幕を閉じられました。

 

病名は「ALS」。

 

筋委縮性側索硬化症と呼ばれる難病のひとつで、現在も治療法が確立されていません。

 

徐々に全身の筋力が衰え、呼吸に必要な筋力がなくなると人工呼吸器がないと生命を維持できなくなります。

 

 

Aさんと初めてお会いした時は、手すりがあればつかまりながら歩いたり、話したりすることができました。

 

「はやく家に帰りたい」

 

入院していたAさんが病院を退院したのは、ちょうど1年前。

 

Aさんは、延命の為の治療を望みませんでした。

 

自宅での介護が始まり、医師や看護師が訪問しながら、AさんやAさんの家族が穏やかに生活ができるような支援を心がけました。

 

 

身体の変化を誰よりも感じていたのは、きっとAさん自身だったと思います。

 

歩くこと、話をすることが難しくなり、旅立たれる3ヶ月ほど前から文字盤を使いました。

 

 

できていたことが、できなくなる。

 

何もしていなくても、呼吸が苦しくなる。

 

お腹が空いていても、ご飯を満足に食べることができない。

 

 

それでも自宅へ訪問した時には、いつも静かにほほ笑むAさんが今でも印象に残っています。

 

振り返ると、Aさん自身が満足のできるケアができたかはわかりません。

 

しかし、訪問看護師がケアをしながら一緒に話しをしたり、訪問入浴を導入して入浴剤を選んでもらったりするときの笑顔を思い出すと、きっと良かったと思える時間を作ることができたと感じています。

 

 

Aさんが旅立たれてから、ご家族から大切な思いをいただきました。

 

「あそこのケーキなら食べたいと、食べることが難しくなってからも、家族に買って来てほしいとお願いしていたケーキです。本人の思いのあるケーキだからこそ、みなさんで召し上がって下さい」

 

 

 

Aさん、ご家族さま、大切な思いを本当にありがとうございました。

 

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

  • 2020.02.10 Monday
  • 19:15

Comment
Send Comment