Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 「ナースコールセンター寧色」始まりました!
    りこ (04/15)
H30年度の法改正

介護報酬、診療報酬法改正

JUGEMテーマ:看護

 

 

さて、前回同様のテーマでお届けします。

 

 

今回改正の「具体的なポイント」とは?!

 

まず、2025年になると75歳以上が30%を超える「超高齢社会」になることは間違いなし。

 

75歳以上になると介護サービスを受ける方が多くなり、社会保障費が増加。

 

社会保障費が増加しても、その分の税収が増えれば良いでしょうが、出生率の低下による働き手の減少に伴い税収の減少。

 

根本を変えるには、出生率を上げることでしょうが、なかなかうまく行かない。

 

となると、「いかに社会保障費を抑えるか」がポイントになります。

 

 

社会保障費を抑えるには?

 

 

現在、社会保障費のおよそ5割は年金3割は医療費となっています。

 

まず、年金。簡単な話し、年金額を減らせば社会保障費は抑えられるでしょうが、無理でしょう。

 

しいて方法があるとすれば、年金受給年齢を引き上げ、定年を65歳、70歳にすることでしょうか?

 

 

次に医療費

 

H27年度の総医療費は、なんと!42.3兆円!!

 

 

医療費の増加の原因は、高齢化だけが原因ではありません(先進医療、新薬など)

 

しかし、その一つの原因に入院医療が挙げられます。

 

医療ソーシャルワーカーをしていたころ、多くの患者さんから

 

 

「入院は3ヶ月大丈夫なんでしょ」

 

 

と話しを聴きました。

 

入院が長ければ長いほど、医療費はかかります。

 

といっても、自己負担は高額療養費制度がありますから、一定以上の医療費はかかりませんが、当然「総医療費」は増えていきます。

 

現在、治療終了後は早く退院しなければなりません。

 

病院の評価につながる重要なことですので、病状等によっては、入院日に退院日の話がでることは珍しくなくなっています。

 

 

さて、医療費を抑える為に、入院日数の減少もありますが、同時に入院とならないように病気の予防、病気の早期発見が重要となります。

 

どうやって??

 

それが、今回の改正テーマにつながってくるところです。

 

 

今回の介護報酬改定はプラス改定(+0.54%)となっています。

 

社会保障費が増加する中においても、介護は2期連続のプラス改定となっていますが、それだけに介護事業所に期待する役割が大きくなったと言えます。

 

期待されていることは何か?

 

 

「重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けること」ができる地域作りです。

 

 

期待されているから、というのはもちろんですが、地域で生活していた方が、地域で最期まで生活できるように支援していくことが

 

 

「碧い空株式会社」設立当初からの思いであり

 

 

「寧色」の役割だと感じています。

 

 

心ほころぶ❤まちの情報誌

Cormo(こるも)岐阜市・北部版/南部版

 

 

次回は、ちょっとひと休み☕ 〜part6〜

 

をお届けしますね。

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

  • 2018.02.28 Wednesday
  • 23:26

Comment
Send Comment