事務所新設

事務所新設へ 〜Part1.

JUGEMテーマ:日常

 

「事務所を移転したほうが良いのではないか?」

 

そう考えたのは、今から1年ほど前。

 

スタッフが増えると同時に、法人車も増え、目の前の庭にはズラリと並ぶピンクの車。

 

 

駐車するのに、なかなか技術が必要な感じです…。

 

移転するとしたら、どこに、どのくらいの規模で、家賃はどのくらいを考えるといいか…

 

最初は、空いている店舗を探していましたが、なかなか良い物件に出会えず。

 

不動産会社巡りを続けながら、ふと考えたのは

 

 

「何のために移転をしたいのか?」

 

 

もちろん、事務所が手狭になってきた。駐車スペースも必要になってきた。だから、移転を!という理由はあります。

 

ただ、「本当にそれだけなのか、将来何が必要なのか、大切なことはなんなのか」考えました。

 

 

一緒に働く仲間がより快適な空間で働きやすくなること

 

そして、地域に向けて発信していくための事務所であること

 

 

そのためには、どのような事務所であるべきかを模索した結果

 

 

「未来のための事務所を作ろう!」

 

 

という結論に至りました。

 

一から建築をはじめ、ここには書ききれないくらいの大変な思いをしました。

 

しかし、夢を詰めた事務所の為にも、これからも頑張りますよ(^^♪

 

 

さて、土地も決まり、図面も出来上がり、いよいよスタート♪

 

まずは土地を更地にする前に、これからの事業が更なる発展ができることを祈り

 

令和2年1月22日「鍬入れの儀」を行いました。

 

令和2年1月22日は最高の開運日と言われる「天赦日」(1年に数回しかない日です)に加えて、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味を持つ「一粒万倍日」という、願ってもない日でした。

 

決して狙って行ったわけではなく、ちょうど時期がピタリと合ったことに驚きと感謝をせずにはいられない気持ちになりました(^^♪

 

 

まだ手を加えていない状態の土地が…

 

更地になって、こんなにも広く感じます🎶

 

 

それから、もともとあった家を解体し、更地になったところで2月16日に地鎮祭。

 

雨が降っていましたが、雨降って地固まると言いますからね♫

 

 

厳かな雰囲気の中、身の引き締まる思いです。

 

 

これからも新事業所設立に向けて、いくつか決めなければならないことがありますが

 

新たな場所で始めるからこそ、当初の想いを忘れることなく胸に刻み

 

将来に向けて邁進して参ります(^^♪

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

 

 

 

 

  • 2020.03.15 Sunday
  • 14:14

訪問看護の利用者さん

訪問看護の利用者さん

JUGEMテーマ:看護

 

昨年末、Aさんは50数年の生涯の幕を閉じられました。

 

病名は「ALS」。

 

筋委縮性側索硬化症と呼ばれる難病のひとつで、現在も治療法が確立されていません。

 

徐々に全身の筋力が衰え、呼吸に必要な筋力がなくなると人工呼吸器がないと生命を維持できなくなります。

 

 

Aさんと初めてお会いした時は、手すりがあればつかまりながら歩いたり、話したりすることができました。

 

「はやく家に帰りたい」

 

入院していたAさんが病院を退院したのは、ちょうど1年前。

 

Aさんは、延命の為の治療を望みませんでした。

 

自宅での介護が始まり、医師や看護師が訪問しながら、AさんやAさんの家族が穏やかに生活ができるような支援を心がけました。

 

 

身体の変化を誰よりも感じていたのは、きっとAさん自身だったと思います。

 

歩くこと、話をすることが難しくなり、旅立たれる3ヶ月ほど前から文字盤を使いました。

 

 

できていたことが、できなくなる。

 

何もしていなくても、呼吸が苦しくなる。

 

お腹が空いていても、ご飯を満足に食べることができない。

 

 

それでも自宅へ訪問した時には、いつも静かにほほ笑むAさんが今でも印象に残っています。

 

振り返ると、Aさん自身が満足のできるケアができたかはわかりません。

 

しかし、訪問看護師がケアをしながら一緒に話しをしたり、訪問入浴を導入して入浴剤を選んでもらったりするときの笑顔を思い出すと、きっと良かったと思える時間を作ることができたと感じています。

 

 

Aさんが旅立たれてから、ご家族から大切な思いをいただきました。

 

「あそこのケーキなら食べたいと、食べることが難しくなってからも、家族に買って来てほしいとお願いしていたケーキです。本人の思いのあるケーキだからこそ、みなさんで召し上がって下さい」

 

 

 

Aさん、ご家族さま、大切な思いを本当にありがとうございました。

 

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

  • 2020.02.10 Monday
  • 19:15

ちょっと、ひと休み

ちょっと、ひとやすみ☕ 〜part8〜

JUGEMテーマ:日常

 

 令和2年となりました!

 

 今年もスタッフの健康と安全、会社の発展をお祈りする為に、成田山へ行きましたよ(^^♪

 

 今日で訪問看護は3年経ちます。

 

 いろいろなことがありましたが、ここまでこれたのはともに働く仲間全員の頑張りだと感じます。

 

 一歩一歩、歩んできた道をこれからも大切にしつつ、次の一歩をしっかり踏み固めながら、今年1年も歩んで参ります。

 

 今年1年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

暖冬の影響でしょうか、ぽかぽかな陽気でしたよ♫

 

 

 

 

 

おみくじは大吉でした♪

 

自分の信じた道が

 

誰かの助けとなれるよう

 

これからも丁寧な心配りを大切にしていきます🎶

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

  • 2020.01.04 Saturday
  • 17:47

講演

岐阜大学医学部附属病院で講演しました♬

JUGEMテーマ:日常

 

 私がいつも大事にしていることは

 

 「感謝」

 

 です。

 

 碧い空株式会社の設立は、私がMSWだった頃、退院しても繰り返し入院される患者さんが多くいたこと、ずっと入院させてほしいとたびたび相談がある中で、「なぜ患者さんは自宅よりも病院の方が良いのだろう?」と考えていたことがひとつのきっかけでした。

 

 患者さんが安心して自宅で生活ができるように支援していくためにどうしたら良いか?

 

 その答えが、訪問看護事業と居宅介護支援事業の開設でした。

 

 碧い空株式会社の設立からあっという間の3年が過ぎ、来月で訪問看護も4年目を迎えますが、設立当初を振り返ると、当然ですが利用者さんはほとんどおらず、苦しい時期もありました。

 

 しかし、諦めずに今現在も続けることができているのは、私の隣にはいつも一生懸命な仲間がおり、また地域の医療機関、地域包括支援センター、さまざまな関係機関の支援があったからこそだと感じています。

 

 今では徐々に利用者さんが増え、ともに働く仲間も増え、来年6月には事務所移転(新たに新築しますよ♪)ができるようになりました(^^♪

 

 実は、今の事務所はホームページの写真にもあるように一軒家です。しっかりした一軒家ですが築60年以上ということもあってか、夏は暑く、冬は寒いという働く環境としては、決して良いとは言い難い事務所です。

 

※現在の事務所です。気持ちのいい青空ですね♬

 

 新たに事務所を新築することで、ともに働く仲間が快適に仕事ができ

 

 「碧い空株式会社で働けて良かった🎶」

 

 と、今よりもそう感じることができるように素敵な事務所を作っていきますよ♬

 

※手前は駐車場を予定。写真奥の家を壊して、新たな事務所を建築しますよ♪

 

 詳細は、寧々ちゃん日記やホームページで報告していきますから、このブログを見ていただいているみなさんも楽しみにしていて下さいね🎵

 

 

 

 さて、前置きが長くなりましたが、令和1年11月21日「岐阜大学医学部附属病院」にて、訪問看護の講演を行いました。

 

 地域医療連携センターの方から講演の依頼をいただいた時の思いは、冒頭の「感謝」です。

 

 当事業所に声をかけて下さったこと。県内随一の岐阜大学病院で講演を行い、多くの方に話しを聴いていただく機会をいただいたことに非常に嬉しく思いました。

 

〜講演のひとコマ  

 

 
 

〜講演のひとコマ ◆

 

 入院しても、治療が終わったら退院となります。

 

 退院後、生活で困ったこと、不安なこと、今までできていたことができなくなったなど、辛いことがあっても、患者さんや、そのご家族が安心して自宅での生活ができるように

 

 ナースコールセンター寧色(訪問看護)

 

 在宅生活支援センター寧色(居宅介護支援)

 

 は、これからも自宅で生活される方の味方として支援を続けてまいります。

 

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

 

 

  • 2019.12.25 Wednesday
  • 16:38

災害

災害について思うこと…

JUGEMテーマ:日常

 

 今年の10月。大型で非常に強い台風の接近に伴い、雨戸を閉め、ガタガタ揺れる事務所で仕事をしていた時のことです。

 

 机にあった書類を取ろうとしたとき、「ポトッ、ポトッ…」と天井から水が落ちているではありませんか。

 

 「雨漏りしているっ!!」

 

 と焦りましたが、幸いなことにあまり影響はありませんでした(風雨が強すぎた為、多少雨が入り込んだようです…)。

 

 事務所は、築50年以上。仕方がないかなぁと思っていました。

 

 

 人間には、どうにもならないことがあると思いますが、その一つに「想定外の災害」があります。

 

 普段から準備をしていても、想像を超える災害をまざまざと見せつけられたのが、10月に発生した台風19号であり、その甚大な被害は、まさに想定外の災害だったと言えると思います。

 

 幸いないことに、事務所の被害はほとんどありませんでしたが、事務所近くの標識が曲がっていたり、ご利用者の自宅近くの山が崖崩れにあったり、また、今なお被害の爪痕が残る記事を目にすると、

 

「洪水のあった地域にも、自分と同じような事務所もあったのではないか」

 

そう考えると、他人事とは思えない感覚です。

 

 

 普段からの準備が必要だと痛感しましたが、まずはスタッフを守ること。

 

 その為にできることをこれからも準備していきます。

 

岐阜市役所ホームページ

地震ハザードマップ

 

 

岐阜市役所ホームページ

洪水ハザードマップ

 

 

 上記のような、ハザードマップは各市町村役場に必ずありますから、未然に防ぐ対策が少しでもとれるような取り組みが必要ですね。

 

 余談ですが、その準備の一つに事務所の移転があります。

 

 事務所を新築しますよ(^^♪)

 

 詳細は、ホームページや寧々ちゃん日記(ブログ)に載せていく予定ですが、来年6月頃に予定です。

 

 楽しみにして下さいね♬

 

 

 

ホームページはこちらからどうぞ♪

 

https://aoisora-neiro.com

  • 2019.11.24 Sunday
  • 06:27